チワワのモカ&メル+ラムの日常。 都内中心のお出かけ&お洋服などなど☆ 最近は飼い主の好きなコスメ・デジタルモノ・フード関係もたまに気まぐれで更新r(^ω^*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予防接種
2007年03月23日 (金) | 編集 |
もうそろそろ狂犬病の予防接種の時期です。
毎年やるのって本当なんとかならないのかなぁ。。
もう日本は40年以上狂犬病が出ていないというのに、犬にだけ毎年どんなに小さな犬にも、どんなに大きな犬にも同じ量のワクチンを打つ。
中には副作用が出て大変な事になる子も居る。
最悪死んでしまう犬もいる。
それは狂犬病ワクチンに限った事ではなくて、普通の混合ワクチンにも言える事だけど。

この前もラムちゃんのワクチンの時に先生に
こんなに多い量打って大丈夫なんですか?と聞いた所、
もーっと小さい子にでも同じ量打ってますからねぇ。。。と仰っておりました絵文字名を入力してください
だってでももっと小さい子なんてさー、体の何%かとかになっちゃうんじゃないのー?!
それでもその量をやる意味とかあるのかな。
あのまま減らして半分打つとかはさすがに混合ワクチンだから無理にしても、量を見直すとか出来ないのかな?
体重別にして売ればいいのにー
フィラリアのやつとかはそうなのにね。
最低限度があの量とかなのかな~?
そうゆうのって説明される事なく当たり前のようにされてるよね。。
ってゆーか素人考えだから量は問題じゃないのかもしれないけどね(笑)
今は前より副作用の出にくい薬も出回ってはいるとはいえ、やっぱり心配だよえぇ
うちのかかりつけのお医者様はワクチンが問題と言うより、種類(中身)が大事だと。
同じ混合ワクチンでも種類によっては副作用の発生率が違うんだと仰っておられましたが・・・どうなんでしょうか。

犬を飼う以上、義務付けられている狂犬病ワクチンは仕方ない事なのだろうけど、毎年ってゆうのがちょっと納得できないな。。
外国から入ってくる動物に対してもっと厳しく検疫するなり、他にもやることはあるだろうに。

ちなみに
注射は副作用が現れる事も考えられるので、午前中に打つことが推奨されています。
処置が素早く出来るからでしょうね。

狂犬病ワクチンと伝染病の混合ワクチンは同時に接種すると、副作用のリスクを増大させてしまう事もあるので、一ヶ月ほど期間を置いてから打ちましょう。
とのことです。
万が一副作用が出た場合、どちらのワクチンで出たのかも分からなくなるし、という事もありそうよね。

ε= (´∞` ) ハァー
この時期いつもブルーになるわ。。
070323 ramu

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。